25年の実績と確かな就職指導

本校の4つの特長

調理師や製菓衛生師の他にも様々な資格取得を目指せます

調理師科では、国家試験免除で調理師免許を取得できるほか、専門調理師(技術考査試験合格者は学科免除)、食品衛生責任者、フードコーディネーター、食育インストラクターなどの資格取得をめざします。製菓技術経営科、製菓衛生師科では、製菓衛生師(受験資格)、2年制コースのみになりますが菓子技術技能検定、パン製造技能検定、色彩検定、パソコン検定、ラッピング検定、販売士などの資格取得をめざします。

総合的に学べます

本校ではコース分けをしていません。製菓系学科では洋菓子、和菓子、パンなどのすべてを学び、調理師科では西洋料理、日本料理、中国料理などを総合的に学びます。幅広い食材を知り、さまざまな調理法を習得することで、豊かな感性を磨かれていきます。おいしいものに国境はありません。幅広い分野を総合的に学ぶことで、世界で活躍できる調理師やパティシエ、ブーランジェを育てます。

職場実習や特別実習を実施

職場実習は実際の職場を体験するもので、本校のカリキュラムの一部に組み込まれています。製菓系学科は洋菓子店・和菓子店・パン店などで、調理師科はホテル・料亭・レストランなどで、学生の希望を聞きながら実習先を決めていきます。プロの仕事場を体験できる絶好のチャンスであり、自分の将来を考える上で、また就職活動を行う上でも貴重な経験となるでしょう。また、著名な講師を招いたり、海外研修の際の職場体験など、さまざまな特別実習を行っています。

社会人になる心構えをしっかり学びます

ほぼ毎日実習がありますので、卒業する頃には誰でもスムーズに包丁などを扱えるようになります。こうした技術は就職してからもずっと勉強し続けていくものですから、学生である今は食に関する基本的知識をしっかり学習してください。と同時に、大切なのは社会人としてのマナーや心構えです。本校学生がめざす仕事は、おいしいもので「人を幸せにするサービス業」。挨拶をする、返事をする、時間を守る、清潔を保つ、一所懸命に努力する…。こうした当たり前のことを本校では日頃の学生生活を通して身につけていきます。就職後も企業からの厚い信頼をいただいている理由のひとつです。

TOP